金盃酒造 株式会社

大吟醸 金盃や純米酒 横綱など日本酒の製造販売|神戸 灘の酒の蔵元 金盃酒造 株式会社

自伝紹介

赤い気炎~造り酒屋の女社長奮闘気~
当社社長 高田貴代子
半生を綴った自伝
『赤い気炎~造り酒屋の女社長奮闘気~』
ヒューマガジン社より発売中です。

リンク集

楽天市場店
楽天市場


ヤフー店
YAHOOSHOPPING


プラットパーク
選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park
 

携帯ページ

※20歳未満はご購入頂けません。
※金盃酒造の日本酒は全て、原材料として米(国産)、米こうじ(国産米)を使用しています。
HOME»  Contents»  金盃のこだわり

金盃のこだわり

蔵名・酒名の由来

 

酒銘の「金盃」とは昔中国で皇帝より賜わるもので最も権威のあるものとされていました。

商標文字の金盃は明治・大正の書道家、伊藤明瑞氏の隷書体の文体の左右同形末広がりの縁起の佳い書体を採用。

至高の品質とめでたさの意を込めています。
  金盃


 

愛飲家の皆様へ

 

厳選した米と六甲山系から涌き出す水からつくられたお酒。

本当に旨い酒をつくる為に独自の四季醸造システムを通して世に送り出しています。

だから実感できる味の冴えと心をぜひお召しあがり下さい。
  愛飲家の皆様へ


 

金盃と四季醸造


昨今では当たり前になっている四季醸造の技術は、当社先代社長の故・高田小三郎が推進したものでした。
昭和38年、当時「酒造革命」とまで言われた画期的な手法です。


 

金盃の生酒

 
昨今流行の“生酒”ですが、これも本来は当社が始めたものです。

通常の日本酒醸造工程では保存性の確保のために「火入れ」という加熱処理を施しますが、当社は独自に開発したミクロフィルターによって腐敗や品質劣化の原因となる成分を除去することに成功しています。

それによって「火入れ」を一切行わず、生の風味、味わいを皆様の元にお届けしております。
  金盃の生酒